※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「こんにちは。殺しにきたよ」

 E n d e d

名前 性別 年齢 髪色 瞳色 身長 誕生 血液 長所 短所 能力
エンデッド 21歳 黒色 黒色 151cm ?/? ?型 突っ走らない ヤンデレ 処刑

死を呼ぶクールヤンデレ女性


姿

【経歴】

ある夫婦の元に生まれた。
四人家族だと思っている父親違いの兄妹がいる。
行方不明の母を探していたが、
世の不平等さと報われなさに気付き止めてしまう。
現在は死の世界を作りたいと思っている。


【特徴】

白い肌と黒い髪。ボブヘアーだが揉み上げが長め。
左の揉み上げは右より長く、少し浮き出ている。
瞳は何も見ようとしないが死を前にした時のみ煌めく。
クールだが少しでも殺意があると楽しそうに笑う。

オウカに瓜二つである。


【口調】

一応女性らしい。どこかつれない。ふふっと笑う。
断罪の時は子供のようにはしゃぐ。


【武器】

死神が持っていそうな、古典的な大鎌を振る。
176cm。全体的に漆黒色で刃も黒い。
柄に刀が仕込まれている。


【外装】

黒いドレスと黒いフードを纏う。


企画「 迷宮 Horse Play 」


  • ヒューマン

アレンティールを死の世界に染めてやりたいと願望する。
一人では失敗に終わるだろうという判断から実行はしない。
有志が集まるのを待っている。

  • 処刑人(元剣豪)

前ジョブのステータスは一切受け継いでいない。

  • ギルド「レトラス」所属

レトラスにはよく居着いている。

  • スキル

「 鳥籠の宣告( 罪哭 )」
鎌で自身を傷つけ、呪詛を呼び出す。
赤い鳥籠が一瞬で対象を覆う。鳥籠は断罪の宣告である。
傷が浅すぎると通路を塞ぐ程度の檻しか出現しない。
逆に深ければ深いほど、大きな鳥籠になる。

「砕けた時計」
刃を振るうように見せかけ、
柄を使って装備品や骨を砕いてしまう。
右へ払い、左へ払い、一秒ごとに一回ずつ攻撃する。
最後に二回切り裂いて終わり。

「『デッドエンド』」
相手が攻撃していようが、
どんな苦痛を受けていようがお構いなし。
一瞬で間合いを詰め、相手の腹を蹴って地面に平伏せる。
そのまま自身の足ごと相手を切り裂いてしまう。
足を一時的に強化して行う技である。要回復。

「桃の花舞い」
気が乗らないスキル。まず集中力を極限まで高める。
瞬間的に間合いを詰め、足を軸に回り、敵の背後へと移動。
相手を一発で仕留める。
尚、この技は剣豪だった頃の言わば「物真似」であり、
当時より威力が低い。