フィーリユ・リンリン/マザドランカ/たぎる


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

りんむす.jpg
名前  フィーリユ・リンリン 性別  男     
種族  リンリン       年齢  17      
身長  167cm 体格  細い     
出身地 リンリンシェ     現在地 リンリンシェ 
一人称 私、僕        二人称 あなた、君  
職業  リンリン族子息    愛称  フィー   
・どんな生活をしていて、どんな希望(野望を)抱いているか
リンリン族当主一家の子息で、当主跡継ぎの候補の一人。
性格はリンリン族としては珍しく真面目で厳しく、人とどう交流していいのかわからない節がある。
母であるイェマオのように、武道も魔道も極めなければ、と自分を追い込みがちなところがあるが、それが彼の生き方だから仕方ない。
派手なものはあまり好きではないが、書道や水墨画を見るのは好き。また、いろいろな植物、薬の知恵を吸収するのも好きで、似た境遇で似た趣味を持つラファエルとは割と仲がいい。
笛を吹くのが好きだが、他人に聞かせたことはあまりない。
当主一家の中で、一番料理が上手だったりする。
・口調
「おはようございます、父上」「今日も母上はまだ眠っているようです」

「人との交流の仕方が、わからないんだ・・・」「こんなんじゃ、リンリン族として失格だよ・・・」

・関係



・その他各自書きたいことを、自由に
割と自由に生きてきたラファエルと違って、閉塞的なトンシン宮でほとんどの人生を過ごして来たフィーリユ。
最近では、父の計らいと母の希望で、外にも出るようになったが、昔に比べて荒んできているような気がする、リンリンシェの人々の姿に耐えられないこともあったりする。
ラファエルを始め、気心の知れた友人と話しているときと、笛を吹いているときが、彼にとっての一番の癒しなのかもしれない。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル