イェマオ・リンリン/マザドランカ/たぎる


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

りんまま.jpg
名前  イェマオ・リンリン   性別  女     
種族  リンリン        年齢  33     
身長  166cm   体格  程よい肉付き
出身地 リンリンシェ      現在地 リンリンシェ
一人称 私(わたし、わたくし) 二人称 あなた   
職業  リンリン族当主     愛称  マオ    
・どんな生活をしていて、どんな希望(野望を)抱いているか
リンリン族現当主の、ツインテ33歳(年齢のことに触れると、本当に危険なので注意)
文武両道、才色兼備の筆頭で、歌も楽器もこなせるが、性格はあまり上品とはいえない。
いや、品はあるのだが、清楚さはない。我がままや愚痴を言っては、周りを困らせている。
弓と乗馬が趣味だが、剣や槍も振り回す。
魔法に関しては、自身が好んでつけているつけ爪レベルのものでも、強力な魔法を放てるので厄介。じゃない、すごいね。
面白いものと、煌びやかなものが好きだが、気持ちを重んじるちょっとセンチな部分もある。
昔は料理もお手の物にしようと企てたようだが、彼女の料理を食べた相手の命がお手の物になりそうだったため、今では全く料理をしていない。

・口調
「嫌」「したくないわそんなこと」「この私にそのような口をきいて、ただで済むと思っているのかしら?」
「ちょっと、構いなさいよ」「このご本も飽きたわ・・・つまらない」

・関係



・その他各自書きたいことを、自由に
わがままばかりだが、職務は全うしているかつ、素直で真っ直ぐなので、国民からの人気は高め。
我が道を生きながらも他人の気持ちを大切にする、という彼女の生き方は、若い世代の女性から、子持ち世代の女性にも共感を集めており、様々な書籍を出版している。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル