モーネス種族詳細


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

※傾向はあるけど性格やスタンスは人によって違っていいと思います!が大前提。
 傾向はあくまでモブにこういう人が多いよというだけなので性格によってご自由に。
 例外も異端もおいしいとおもいます!

《共通》

容姿・生態

  • 一部のスィロ除き大体みんな人型っぽい
  • 一部のスィロ除き体の大きさは人間と同じくらい 30mとかいないよ
  • 一部のスィロはマジケモだったり3mくらいだったりするかも

《イリス》

iris.jpg
↑イリス参考画像 クリック拡大 ※全裸なのはサンプルだからだよ!みんな服は着てるよ

容姿・生態

  • 人間と同じような姿をしている、背中に黒い翼を持つ種族。羽耳。数はテューと同程度。純血種に限れば最も多い。
  • 色んな翼の人がいるよ 個性! 6枚羽とか8枚羽とかもいるし翼の形もそれぞれ
  • 翼は背中寄りについてるのも腰寄りについてるのもいるし片翼もいるしつまりはご自由にどうぞ
  • 瞳が紅色なのが特徴 違う場合は他の種族とのハーフとか
  • 基本みんな「大地」の血肉を食うけど嗜みとして他種族の肉食う奴も
  • 性別は男性と女性と両性がいる
  • 身長は女性が平均160cm、男性が175cmくらい 両性は170cmくらい チビノッポも普通にいるよ個性
  • 老いるけど若い時期が長い ゆったり老いる 人間でいう50歳くらいで皺が出始める程度
  • 魔科学のお陰で同性間でも生殖可
  • 妊娠したら即誕生の地に行って超ハイパー未熟児分娩が主流 それから誕生の地の施設に預けて幼児くらいまで人工育成 害はないよ

傾向

  • ヒエラルヒーの最高位を自称している
  • イリス内での上下関係はほぼなく、イリスであれば全て等しく最高位な認識のイリスが多い
  • イリス同士の仲間意識は強め 同族には優しいが、イリスらしくないイリスは嫌われる傾向が?
  • お貴族様か大富豪かみたいな感じのイリスが多い エイグリス王国のイリスは特に
  • 基本的に攻撃的で闘争心が強い人が多い
  • ハーフはイリス的精神の持ち主ならイリスとして認識される傾向
  • あまりイリス同士固まって暮らしたりはしない
  • 他の種族を下僕にしたりペットにしたりするのが上流階級の嗜み


《テュー》

tue.jpg
↑テュー参考画像 クリック拡大 ※全裸なのはサンプルだからだよ!みんな服は着てるよ

容姿・生態

  • 人間と同じような姿をしている、エルフ耳な種族 数はイリスと同程度。純血種に限れば最も多い。
  • 飲み食いしないで生きられる ただよう外のエネルギーを基に体内でエネルギー作ってる
  • 必須じゃないだけで飲み食いできるよ 手っ取り早くエネルギーになるよ
  • 実体は仮のもので、根本は精神体のようなもの
  • 実体を破壊されても生きられる&エネルギーがあれば再生できるだけで実体はイリスやスィロの身体とあまり変わらない
  • 髪も肌も色素は薄め 細身華奢 稀に色素の濃いのがいて迫害の対象になってたり
  • 純血テューの性別は無性のみ
  • 身長は色々 だいたい140cmくらいから190cm弱くらいまでが多い
  • 生殖は一生に一度しかできない 二人以上のテューの力をこう…なにかすると卵ができる
  • 基本的に双子で生まれる 次いで三つ子が多く、四つ子も五つ子も生まれるが一人っ子は生まれない
  • 双子や三つ子でも全然似てなかったりそっくりだったり色々
  • 他の種族との生殖は可能 卵できるよ! 卵は殻とかじゃなくてエネルギーの塊的な……
  • 老いることはない。ストップする外見の年齢には個人差があり、幼児程度から青年程度まで。2,3歳くらいの姿で卵から誕生する。

傾向

  • 基本的に保守的で保護的 だが平和や秩序を乱す者は嫌いな傾向がある
  • テュー同士の結束は強いが仲間意識は偏る 変なことすると村八分 異端は徹底的に排斥する傾向がある
  • 美しいものを好む傾向にあるよ 芸術肌かもしれない よって風景が美しい他の世界に移住する者が多い
  • 多くはイリスが嫌いな傾向にある 仲良い人もいるけどね!
  • 基本的に固まって暮らす 御近所付き合い重要
  • ハーフは忌まれる テューのコミュニティ内だと生き辛い ただしテュー寄りのスィロは歓迎される


《ヘイデルト》

heidert.jpg
↑ヘイデルト参考画像 クリック拡大 ※全裸なのはサンプルだからだよ!みんな服は着てるよ

容姿・生態

  • いわゆる悪魔みたいな姿の種族 コウモリっぽい羽と悪魔っぽい尻尾 人によって角があったり 最も数が少ない
  • この種族は全員が「魔塊」に適応している というのも力の根源がこの種族にあるから 魔塊はヘイデルトから抽出される
  • 性別は全員変化型 全性? 男性にも女性にもなれるし両性にもなれる 体格は変わる場合も変わらない場合も 個性
  • 性自認は両性的だが男性的なのも女性的なのもいる 個性
  • 身体の成長や老いがない 外見の年齢はある程度(幼児~老人)までなら外見は自由に変化させられる
  • 魔科学製品との相性がいい ほとんどを最大限に使いこなせる

傾向

  • カーストとかに興味がないのがほとんど 下認定されてるけどいいですよー的傾向がある
  • 魔科学との相性がいいため、研究職や軍や傭兵などに就くヘイデルト、また、その仕事をさせられるヘイデルトの下僕が多い。
  • 野心があって魔科学に精通してるヘイデルトは自ら主人になって大商人になる者もいるらしい

《スィロ》

suyro.jpg
↑スィロ参考画像 クリック拡大 ※全裸なのはサンプルだからだよ!みんな服は着てるよ

容姿・生態

  • 獣耳尻尾人間みたいな姿の(が一番多い)種族 最も多く、人口の5割がスィロ
  • 純血のスィロは喋るマジケモ 現在は純血は少なく、他種族の血が混ざっているのが大半なため獣耳尻尾が多い
  • そのため単に「スィロ」というとスィロの血の濃いorスィロとして生きている者を指す 純血を指す場合は純血のスィロと言うのが一般的
  • 血の濃さによってケモ度は違い、どの種族の血が濃く出ているかによって姿も色々
  • 獣耳尻尾人間から獣耳しかない人間からタウルから獣人からマジケモまでなんでもあるからご自由にどうぞ
  • 肌の色も色々 青肌とか赤肌とかもいるかも
  • 性別は男性と女性 まれに両性も
  • 身長は色々 平均は男女合わせて170強くらいだけどタイプによって30cmとか3mとかもいるかも
  • 老いは他のどの種族の血が濃いかにもよる 純血だと人間と同じくらいの老い方(年齢は換算で

傾向

  • カーストの最下位認定されてる それを良しとして従属して暮らすことを受け入れる者が多いが反発する者も
  • 基本的にほとんどが組織や軍や誰かに従属してる 従属好きな性質 マゾくないもん!


《カルナ》

容姿・生態

  • 厳密には種族とはいえない
  • 誕生の地以外で誕生してしまった空っぽな身体に、魔科学により他の魂を植えつけた存在
  • 外見は変わらないので元々の種族と同じだが魂の影響を受けて姿が少し変わる場合も多々ある
  • 植えつけることが困難であまり成功しないので数は少ない
  • 全員が魔塊適合

傾向

  • 本当は世界法により違法 ゆえにカルナだということは知らされずに生きる場合が多い
  • カルナだとバレると見世物にされたり殺されたり研究対象にされたりあるある


<種族間比較>

  • 純粋にガチバトルしたらヘイデルト>イリス=テュー>スィロの順に強いかも?魔道具使用含め でもそんなに差はない
  • 寿命比較は比率にすると イリス2:テュー2:ヘイデルト6:スィロ1 くらい
  • ただしスィロは混ざった血の濃さによって寿命が著しく変わるため一概にどうとは言えない ヘイデルトの血が濃いと長いかも?
  • 純血のスィロはヘイデルトの6倍くらい生きる でもスィロが濃いハーフは別に寿命長くない
  • カルナはいつ死ぬかわからない なんでもないのに急に死んだりよくある ヘイデルトの倍くらい生きたりよくある
  • 人口比は イリス2:テュー2:ヘイデルト1:スィロ5 くらい
  • スィロが多いのは一定以上スィロの血が濃いハーフやクオーターはスィロと見なされるから イリス寄りのスィロとかテュー寄りのスィロとか含める
  • でもスィロの血が薄いスィロ混じりイリスとかはイリスに含んでるかも テューは純血以外はテューと認めない傾向が
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。