※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雲影と学問の国 深煙(シェンイェン)
天候は曇。神獣は饕餮
山地にあり、煙がかった不思議な国。山に囲まれているため、雲が多い。
学問が盛ん。大学のようなものがあり、そこで高い知識を得ることができる。

この国の住人は『影』に関係する術を使える。

契約は『謎解き』

饕餮が投げかけた問いに一寸の狂いもなく答えた者を王にする。
※怖じ気づき退いた者は喰べられるという噂(あくまで噂)

【神獣】饕餮

名前:流狗(ルコン)♂・流珍(ルチン)♀
性別:♂♀双子
身長:145cm
年齢:年齢10代半ば程
性格:♂♀双子で性格は正反対
   財政管理の流狗(ルコン)♂は生意気、食政管理の流珍(ルチン)♀はマイペース
補足:凶暴な狼や獰猛な鷲から自然物まで相手の脅威となる対象に姿を変えるので
   本来の姿は現王でさえ知らないが今は前述の双子や小さな狛犬でまとまっている。
   お互いに足りないモノを補い合っている、いわば二人で一つという極めて稀な神獣。
   一人称は「是(コレ)」「其(ソレ)」※人と物の判別がつかない
   現王については日々、様々な知識を与えてる。
   その反面、何かと悪戯や絡みついてはじゃれてくる。
   子どもながらの残虐性と大人では考えもしない思いつきと発想で国を王を支えている。

【深煙王】

名前:元名不明
性別:女
身長:160~165cmくらい
年齢:28~ 不詳
性格:一人称は「私(わたくし)」、基本的に計算高く冷静で頑固なところもある。
   いつも何か企んでいるような様子を見せるが、
   実際は難しい計算式や生徒達への問題、夕食の献立など。
   深煙大学学長も兼任している。
補足:深煙大学官吏学科出身。政より純粋に知識を得たいと思っている。
   神獣からの知識を民に与えることが王の本分だと思っている節がある。

【深煙官吏】

名前:廉蓮(シュンリャン/れんれん)
性別:男
身長:170cmくらい
年齢:25
性格:朗らか
補足:あらゆる知識に憧れ、後世への記録に情熱を注ぐ学者気質の文官。
   書記を務める傍らで王が神獣から得た知識を編纂した書を作り
   有益な知識を民へ広める手伝いをする。
   武官に身体能力は及ばないが術の扱いにかけてはかなりの使い手。
   少し古風な喋り方。
   普段は朗らかな性格なのだが彼の逆鱗に触れると大変なことになる…という噂。
   一人称:私(わたし・わたくしを状況に応じて使い分け)
   他人称:(普段)~君、~殿(時と場合により呼び捨て)
       (王や神獣に対し)~陛下、~様など。


名前:
コメント: