※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

青海と漁師の国 海藍(ハイラン)
天候は雨。神獣は青龍
離島にあり、海とともに生きる国。降水量が多く、木々が生い茂っている。
漁業が盛ん。この海域でしか取れない魚がある。気合の入った船も見どころ。

この国の住人は『水』に関係する術を使える。

神獣契約の儀式は、【漁獲】
後宮を中心に予選されるが、海藍の漁師も挑む権利が与えられる。
王となる者達への条件は、青龍が逃がした魚達を連れ戻す事である。
八つ目の風鈴が鳴り響くまでに獲らなければならない。
獲れなかった者は魚となり、人間の糧に。
魚を死なせた者は藻となり、魚達の糧に。
獲れたものの間に合わなかった者は、 記憶消滅した後に後宮行きとなる。
誰よりも早く獲り、青龍の手に渡した者だけが契約を交わす。
神獣と契約を交わした王は、新たな力が授けられる。
前王含む歴代の王は青龍の手によって魚となり、儀式に用いられるか河を見守っているという。

【神獣】青龍

名前:流静(ルーシェン)
性別:無
【龍型】
身長:掌サイズから13kmまで可変。
年齢:数百ほど
性格:冷静で厳しく、言葉に棘がある。
【人型】
身長:130cm
年齢:10代前(見た目)
性格:半物腰落ち着いて、優しい毒がある。
補足:海と生き、護る者。
   本来の姿が龍、普段の姿が人と分けている。
   力が溢れ出る為、人の姿で制御している。
   橙の魚は水晶であり、現王との契約の証。人の時は胸元の装飾品に象る。
   【龍】一人称:妾・二人称:汝、貴様
   【人】一人称:私・二人称:貴方、~様

【海藍王】

名前:
性別:
身長:
年齢:
性格:
補足:


【海藍官吏】


名前:
性別:
身長:
年齢:
性格:
補足:


名前:
コメント: