※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Bizon PP-19 MK.2


パーツ名 価格 攻撃 射程 精密 安定 機動 連射 弾数 推奨カスタム
本体 39,000 31 25 40 37 82 50 64
B バーストバレル 1,100 -1 +2
スペツナズエディション 1,100 +1 +2 -2
T メカニズム改善 1,000 -1 +1
シリンダー改造 1,500 +2 -1
G 人体工学グリップ 1,000 +1
9mmPara.弾倉 1,200 +2 -11

  • 評価
E
(AIではA)

  • 解説
ロシアのイズマッシュ社が1990年代に開発した短機関銃。
64発もの装弾数を誇るスパイラル式マガジンを採用している。
弾薬の口径は9mm*18(マカロフ弾)と9mm*19(NATO弾)、AVAでは採用されていないものの7.62mm*25(トカレフ弾)も採用されている。

対人戦においては火力の弱さからネタ武器扱いされることも少なくないが、AIミッションにおいては装弾数を強みにしてガチ武器と化す。
つまりは、上記の推奨カスタムはAI特化型。
対人戦においては、スペツナズエディション、シリンダー改造、9mmPara.弾のカスタムが向いているだろうけれど、決して過度な期待をしてはならないwww
9mmPara.弾カスタムについては、装弾数を減らしてでも火力を向上させたい場合に用いるといいと思う、特にマガBを装備している場合はそうなるかも、まぁその辺はお好みで。
ちなみにやい1115はAI用としてスペツナズエディションとシリンダー改造を使用しています。
なんかよくわかんないけどバーストバレルよりもスペツナズエディションのほうが殲滅力がキモチ半分高くなる、まぁHSを狙えるAIMがある方はこちらのほうがいいだろうね、なにより球持ちも良くなるわけだし。

似たようなAI向きの武器としては、P90 MK.2M4 SpectrePPsh41等が実装されているが、装弾数の多さの他に、耐久として買える手軽さもあることから、この武器が使われることが多い。
尚、この武器のユーロガチャ版としてBizon Arachneが実装されていて、この武器と比較して精度等が向上している。
AIガチ勢なら是非当ててみようよ!



名前:
コメント: