※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

映月国

国土:極光大陸の南部
都城:映月城
修士派閥:映月宗

説明

仙元457年・・・水に恵まれ神々に最も愛された土地。

太古の昔、創造主が極光大陸に恩恵を生み出すために創造された三大国家のひとつ。
神々の恩恵により繁栄が約束され、年貢は金や銀によって納められる。
人々は実直で素養を併せ持ち温和な人格者により争いを好まない風潮が色濃い。
信仰心も強く、経典に基づいた文化が、やがて教派をつくり「映月宗」が確立される。
恩恵は永久に栄華が続くと人々は疑わなかったが、国家を我が物にしようと暗躍する、
権力者により徐々に安息の世界は失われていく・・・
新たな時代の到来により反抗教派の勢力が拡大し世界に戦いの火種が拡大する。
恐怖により、封印の地から妖魔、悪霊が狂気となり、映月国を敵意により蝕み始める。
異変に気付いた修士たちは封印の地を守護する天盟動と共に元凶なる地に抗うことを決意する。