拡張現実トレーニング

拡張現実トレーニング


グライドの練習。
決まった地点からグライドを開始し、空中に設置されたリングを決まった順番で通過する。
地面についてしまうと失敗だが、開始地点に戻ればすぐにやり直すことができる。

初級トレーニング

ゲーム開始してすぐに受けることができる。
4つの初級のトレーニングを完遂すればグラップネルブーストが手に入る。
街中の移動効率を大きく上げることができるので、早めにクリアしたい。

初級トレーニングはどれも難しくない。高所からグライドを開始し、適当に方向調整すればよい。
一部ダイブが必要なシーンもあるが、画面にガイドが表示されるので迷わないだろう。

上級トレーニング

グラップネルブーストを獲得後は上級トレーニングを受けることができる。
手に入れたグラップネルブーストの練習、と見せかけてブーストは使わないのでしまっておこう。
もちろん他のガジェットも必要ないので、技術さえあれば開始直後にクリア可能だ。

上級トレーニングは純粋に初級トレーニングよりも厳しいコースを突いた飛行の練習となる。
特に、ダイブからの上昇飛行を使って狭い場所を通過するシーンが多く、かなり難易度は高い。

上昇飛行の操作のコツ

グライドボタンは常に押しっぱなし。
ダイブボタンも同時に押すと急降下する。
一定以上降下したあとにダイブボタンを離してすぐに左スティックを下に入れて軌道修正する。
降下距離が足りていればこの操作でバットマンがふわりと浮き上がり一定時間高速で飛行する。

上級トレーニングにおいては狭いところを通る必要があるので、軌道修正時にレバーを短時間だけ下に入れて離す必要がある。
レバーを入れる時間が適切であれば高速水平飛行となり、トレーニングのクリアにぐっと近づくことができる。
何度もやり直すことになるだろうが、試行錯誤で切り抜けよう。

その他のコツ

  • グライド中は操作に慣性がかかる。特に左右に曲がる動作の慣性が大きいため、左右に長時間レバーを入れてしまうと必要以上に曲がってしまい失敗する。
  • 失敗しても何度でもやり直せるが、近くにいる銃器持ちのザコを片付けてからトレーニングに挑む方がリトライ時に楽。
  • レバーを上(前)に入れながらグライドを開始するとグライド直後に高度が下がってしまい、リングに届きにくいことがある。まず最初のリングの方を向いてから、レバーを入れずにグライドボタンを押す。グライドの動作を開始したらすぐにレバーを下に入れて高度を維持しよう。

有志の上級トーレニングの参考動画
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。