何を食べるといけないの?

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

何を食べるといけないの?

 放射性物質は食べ物の中に入り込みます。
 一度身体の中に入り込むと出ていくのに時間がかかり
 その間身体の中でずっと悪さをするので、汚染された食べ物は食べてはいけません。
 リスクを回避するためには汚染地域で栽培された農作物は食べないことです。

 セシウムに関してですが、今のところセシウムが溜まりやすい物として
 山のものならば
  ・川魚
  ・キノコ
  ・クリ
 などの汚染が報告されています。
 特にキノコは沢山のセシウムを濃縮するので特に気を付けてください

 海ならば
  ・貝類
  ・ヒラメ
  ・カレイ
 などの海底に住みつくものの汚染が報告されています。



え?じゃあ、一体どうすればいいの?

 九州や沖縄産のものは汚染されていない、もしくは「比較的」汚染が低いので安全性が高いです。
 なので九州産や沖縄産で食材を固めると安心して食べれそうです。

海外産はどうなのか

 はっきり言って、安全性は疑われるものばかりです。
 狂牛病や抗生物質、農薬などの問題があります。
 身体に悪いのは放射性物質だけではないため、気を付けなければなりません。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。