ヨウ素131


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヨウ素131

▼半減期
 8.04日

▼崩壊方式
 βマイナス壊変。β線を放出してキセノン131となる(この時γ線も放出される)

▼生成と存在
 ヨウ素のもっともよく知られている放射性同位体。天然では、大気中で宇宙線とキセノンの反応によって生成し地上でウラン238(238U)の自発核分裂によって生じる。いずれにしてもその量は小さいが、人工的な核分裂では大量に生成される。

▼化学的・生物学的性質
 通常はヨウ化物イオンや単体で存在している。単体は昇華しやすい。甲状腺ホルモンに含まれる必須元素で、体内に取り込まれるとほとんどが甲状腺に集まる。成人の体内にあるヨウ素の量は11㎎で、ヨウ素の1日摂取量は0.20㎎である。

▼生体に対する影響
 内部被曝の場合はγ線よりもβ線が問題で、甲状腺被曝が問題となる。主な経路としては、牧草を食べた牛の牛乳であるが、放出量が多い場合は飲料水や空気による経路も考えられる。外部被曝の場合は、1mの距離に100万ベクレルの小さな線源があると1日に0.0014ミリシーベルトの被曝を受けることになる。

▼測定、検出
 γ線を測定することにより検出し、GMによっても容易に計測が出来る。通常はゲルマニウム半導体検出器で測定する。体内にあるものは全身カウンターで測定できる。 
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。