※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<序文>

 アルディアは人工世界カルディアの歴史を最初から最後まで綴った歴史小説である。
 大元の着想は1991年から1993年の間に徐々に練られた。着手は1995年8月10日に始まり、本格的な制作は2011年12月19日に始まり、2012年1月14日に公開された。
 ゼロから詳細に作り込まれた人工言語と人工世界は2012年現在アルカとカルディアしか存在しない。その世界の歴史を全て最初から最後まで綴ったのが本書である。
 ある時代を区切った歴史小説は無数に存在するが、ひとつの世界の歴史を全て綴ったものは存在しない。規模においても発想においてもアルディアは前代未聞である。その意味でアルディアは人工言語史上のみならず文芸史上初の快挙であり、歴史にその名を刻んだ。
 アルディアはseren arbazardによって書かれた。ridia lutiaは人工世界カルディアの使用を許諾し、物語の時代考証をし、アドバイザーとして働いた。

 アルディアはフィアルからランジュまでの15の時代に分かれる。
 カルディアには数多くの言語が存在するが、原文を書くに当たってランジュの時代のアルカを使用した。アルカが最も広くこの世界で使われるためである。また、ランジュ時代を選んだのは、この時代のアルカが最も語彙において豊富なためである。

 ゼロから作り込まれた精緻な言語と世界だけでも他に存在しないのに、その世界の歴史を最初から最後まで書き通すという常識破りの発想。今までに誰も成しえたこともなければ着手したことすらない未知の領域、歴史的偉業。
 読者はアルディアを通じて、今までにどのような書籍でも見たことのなかった壮大かつリアルなファンタジー小説を体験することになるだろう。
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|