※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

二つの能力が有り、“晩死”の方が切り札、いわゆる代名詞である

『普通で凡庸で単純な当然』(ペイルストレーミング)

両手の甲を晒すことにより、そこに魔力が蓄積していく能力

また、その魔力を駆使し、一般的な魔法を使用できる能力


『晩死』(フィン・オブ・ザ・クラック・ヴァンデッド)

自身の“セカイ”を、魔力を代償に作成する能力

創られる“セカイ”とは、実際の世界のことではなく、自身の内部に存在させる“妄想”のようなものである

そこで“妄想”されたものは、更に魔力を消費することで、現実世界に創り出すことも可能、ただしその場合の都合は現実世界に合わせられる

また、創り出されるものは、空間にして約5mほどが限界で、当然大きさ、濃度、威力、効果によって必要魔力が大きく変わる

両手の甲の十字線を基準とする能力のため、手袋で隠されたり、切り落とされたりすると使用不可能