WP突入マニュアル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



始めに

  • GvGの攻城では、ワープポイント(WP)の突入の方法によって大きく勝敗が左右される。
  • ここでは、基本的なWP突入方法をマニュアル化して紹介する。


WP防衛の基本

  • 現在のWP移動における仕様は「10秒の無敵時間あり。ただし移動したりスキル・攻撃をすると即座に解除」となっている。アイテムの使用では解除されない。
  • よって、WP周辺にロキを置いて相手スキルを封じ、前衛などの足止め部隊を置いて身動きを出来無い状態にした上で、大魔法を重ねて敵を圧倒すると言うのがWP防衛の基本構想となる。
  • また、仕様を逆手に、10秒間何もしなければ無敵状態でいることが出来ることを利用し、ロキが展開しているかどうかや、崖上ウィザードに防御用LPが設置してあるかどうか等を硬い前衛が入って動かずに確認し、即座にWPに戻って報告するという偵察も可能。
  • WPに突入して動かなければ全員が重なった状態になるので、個別にタゲられ難いという利点がある。ロキが無く、かつ大魔法が薄いようなら、まず硬いVit前衛(ペコ乗りが最適)が数人同時に突入して敵後衛にプロボックを連打し、数秒遅れてダンサーが進入して、前衛の陰に隠れた状態で(つまりタゲられにくい状態で)スクリームで敵を行動不能にするという戦術などもある。


WP突入の基本

  • WP防衛のダメージソースのほとんどは大魔法によるもの。つまり大魔法地帯を突破するか、あるいは大魔法そのものを無効化できれば、敵防衛を突き崩すことは容易となる。
  • 転生パッチ以降、ほとんどのWP防衛ではロキが設置されているため、ロキを停止させることも作戦の一つとして有り得る。
  • 以上のことから、WPロキ防衛を突破するためには、以下の4つの方法のいずれかを実現できるように準備をしなければならない。
    • ロキペアをEDPやバーサク、阿修羅などで排除する。
    • 無詠唱大魔法で敵ウィザードやロキペアを排除する。
    • WPにランドプロテクターを設置する。
    • 複数ダンサーのスクリームで敵ウィザードを一気にスタンさせる。
  • それぞれの具体的な方法論は後述。
  • いずれの場合にも、キーとなるユニットが最初に突入しても、即座に排除されて意味を為さない。よってまず、最も耐久力があるVit前衛が血路を切り開くことになる。
  • Vit前衛の役目はWP突入後、出来るだけ敵陣深くに食い込み、耐えつつ敵を攪乱することと、敵ウィザードの詠唱妨害である。
  • 大魔法が厚い場所でも、壁際が手薄になっている場合がよくある。WP突入後の10秒の無敵時間をフル活用し、守りの薄い場所を狙って進軍するべし。
    • ロキ大魔法地帯から抜けるにこしたことはないが、仮に抜けれなくても、キーユニットが入ってくるまで、その場で耐えつつ敵にプレッシャーを与えることが重要となる。
    • 敵が密集していて床をクリック出来ずに進軍できない場合が良くあるが、そういう場合は、前方奥の敵をシフト右クリックすることですんなり移動することが出来る場合がある。
  • Vit前衛が耐えているうちに、キーユニット(無詠唱ウィザード・LPセージ等)が突入するべし。
  • 突入後は出来る限り火力の薄い場所に即座に移動し、決められた役割を全う出来るように最大限の努力をする。
  • 攻撃が成功すれば敵の力は激減する。すかさずIRCで状況を説明し、継続して復帰阻止を行う者以外はWPに雪崩れ込むべし。
  • 敵の数が多い場合、少しずつ敵の数を削っていく波状攻撃を繰り返すことがある。その際、復帰阻止組は敵ダンサー・バードやモンクなど、絶対に通してはいけない職を見逃さないように。
  • なお、WPに入って敵の大魔法地帯にSG1を重ねることで敵のSGを無効化することは無意味。
    • これはSGが「先出し優先・後出し優先」で判定されるのではなく、それぞれのSGオブジェクト単位でランダムに威力が発生し、なおかつその発動権限は第三者にしか影響を与えないという検証結果が出たため。


WP集合前の偵察

  • 敵がどこで防衛ラインを敷いているか不明な場合、Vit前衛PTの数名が先行して偵察を行う。
  • 決して無理をせず、どのマップのどの付近で、どのような防衛をしているか、可能であればその人数を把握したら退却。そして安全な地点まで戻ってから、IRCにて指揮官に伝達をするべし。
  • 指揮官から集合ポイントの指示があるので、各PTリーダーは復唱して確認、しかる後PTに伝達。
  • 集合位置の連絡は重要なので、IRCにて指揮官の指示が確認出来る人は、繰り返しになっても構わないのでPT会話・ギルド会話の両方で伝達するように心掛けること。


WP突入前の集合

  • WP突入をする前にWP前に集合するが、これは状況に応じて様々なパターンが考えられる。
    • 攻め手が自分たちだけなのか、複数なのか。防衛側の死に戻り組が後ろに溜まっていたりしないか。WPの先からこちらの様子を伺う敵がいるのか、いないのか。WPの先にロキがあるのかないのか。etc,etc...
  • WPの向こう側から一瞬だけ現れて、阿修羅や大魔法を撃ってすぐに戻るという、牽制をされる場合もある。
  • 味方への被害を防ぐため、WP逆ロキ防衛を敷き、前衛はロキ内で牽制に現れる敵を見逃さないようにして、返り討ちに出来ると良い。
  • WP前集合の並び順は、最前衛から順にロキペアとVit前衛(ロキ内部)・ゴスペルPT(ロキ後方最前列)・復帰阻止組以外のウィザード・ハンター(後列)となる。
    ☆☆☆ ★★★★★★★◇◇◇◇◇◇
    ☆WP☆ ★ロキ・前衛★◇ゴスペル◇  ウィザード
    ☆☆☆ ★★★★★★★◇◇◇◇◇◇(ロキに大魔法)
    
  • 指揮官からの指示がない限り、攻め手同士で戦ってはならない。
  • 攻撃されてもそれはミスクリックである可能性が高いので、1~2発ぐらいなら無視。ただし、向こう側が本気でこちらを排除しようとしている場合(特定の同盟によく見られる)は反撃して構わない。
    • その際、IRCにて指揮官に攻撃を受けたために反撃した事を伝達すること。
  • 指揮官からの指示がない限り、Vit前衛といえど勝手にWP先の偵察に行かないように。
  • PTごとに固まって集合し、PTリーダーあるいはIRCで突入準備の指示が出されたら、プリーストは即座にPTメンバー全員に支援を開始すること。支援を受けていない人はPT会話等で要請を出すこと。
  • ゴスペルPTはキーユニットの集合体なので、他PTの人はゴスペルの範囲内に入らないように御注意。
    • ゴスペルの有効範囲は見た目より狭く、不発もある。大抵はSP回復剤をガブ飲みでゴスペル維持なので、限りあるリソースを有効に活用しませう。



WP突入策

通常突撃

  • 下準備を必要としない突入。
  • 敵の数が少ないか、火力が少ない場合に用いられる。
  • PTが集結を終え、支援が行き渡った時点で突入を開始する。
  • Vit前衛に続いて、中衛後衛も連続して敵防衛ラインに攻め込む。


ゴスペルLP突撃

  • ロキが1枚で敵ウィザードが多く、崖上に防御用LPが設置されている場合に用いられる。
  • WP付近にLPを展開して大魔法を無力化することを目的とする。
  • セージのステータスアップの合図と同時に囮役のVit前衛が突入し、続いてセージが突入してWP付近にLPを展開する。
  • LP展開が終わったセージはWP外に退避し、それを合図に前衛と中衛がWPに突入する。
  • アサシンクロス・バーサクロードナイトは、敵ロキペアを排除することを最優先に。


ゴスペル無詠唱突撃

  • ロキが1~2枚で敵ウィザードが多く単なる突撃では突破が難しい場合、敵の数を削る場合によく利用される。
  • 敵の中衛(あるいはLPが設置されていない後衛)にダメージを与え、あわよくば一気に殲滅することを目的とする。
  • ウィザードのステータスアップの合図と同時に囮役のVit前衛が突入し、続いて無詠唱ウィザードが突入してLPが設置されていない場所に大魔法を撃ち込む。
  • 防御用LPが設置されている場合、敵ロキペアに大魔法を撃つことでロキペア(もしくは献身クルセ)を排除することもある。


ゴスペルロキ排除突撃

  • ロキが2枚以上あり、崖上に防御用LPが設置されていて敵ウィザードも多く、単なる突撃では突破が難しい場合に利用される。
  • ロキペアを速やかに排除することを目的とする。
  • ロキ攻撃職のAtk2倍の合図と同時に囮役のVit前衛が突入し、続いてEDPアサシンクロスやバーサクロードナイトが突入してWP付近のロキペアを全力で攻撃する。
  • 落とせなくともロキを停止させる可能性があるため、ステータスアップしたウィザードやモンクがいれば同時に突入すること。
    • この場合もロキを停止させることが最優先なので、無詠唱大魔法もロキペアに向かって撃ち込む。
    • 例外的に崖上の防御用LPが運良く停止している場合は、無詠唱大魔法の対象は崖上ウィザードへ。
  • ロキペアを排除できれば成功。復帰阻止組は絶対にバードとダンサーを敵防衛ラインに復帰させないようにすること。
  • ロキが停止すればゴスペルLP突撃や、ゴスペル無詠唱突撃に切り替える。



WP突入時の各職業の基本的な動き

Vitナイト・クルセイダー

  • 最初に突破口を開く最重要職。WPに入ったら無敵時間を有効に利用して、大魔法の薄いところを見つけて突破し、出来るだけ敵陣深くに進入して攪乱するべし。
  • 攻撃対象の優先順位は大魔法ウィザード
    • 密集地帯でブランディッシュスピアを連打し、敵阿修羅モンクから排除される時間を出来るだけ稼ぐこと。
  • 前に進めなかったり、武器を剥がされたりした状況であっても、回復アイテムで耐えつつ、崖上のウィザードに向かってプロボックを連打し、詠唱を妨害する。これは後から入ってくるキーユニットの行動を成功させるためにも重要である。


Vitスミス・アルケミスト

  • 回復アイテムの積載量にモノを言わせて、出来うる限り長く耐えて相手を攪乱するのが目的。
  • 攻撃対象の優先順位は大魔法ウィザード
    • 密集地帯で状態異常カートレボリューションやハンマーフォールを連打し、敵阿修羅モンクから排除される時間を出来るだけ稼ぐこと。
  • 可能ならば、アルケミストは突入前コーティングを。
    • 前衛は武器と鎧に。
    • 無詠唱ウィザード・対人セージには、鎧に。


対人セージ

  • WP大魔法地帯にランドプロテクターを展開するのが最優先事項。
    • LPは攻撃OPが常に展開されている場所には置けないので、大魔法の切れ目か隙間を狙うようにする。
    • LPはロキも無効化するので、可能ならばロキ地帯に被さるように設置が良い。
  • LPの展開を確認したら即座にWPに逃げ込み、身の安全を確保してからIRC発言などでLPが展開した事を連絡する。
  • LP展開後は不用意に前に出ず、やっかいな敵Vit職にストーンカースを掛けたり、ディスペルで敵に掛かった献身を解いたりして遊撃に。
  • 自分が死ぬとLPも消滅するので、死なないことが最重要。


Vitダンサー

  • Vit前衛にやや遅れて突入し、崖ポイントが見えるか見えない位置から出来る限りスクリームを連打して敵非Vit職を無効化させる。
    • スクリームは叫んでから3秒後に効果が出るため、WPに入る直前にショートカットを押してから中に入ると、内部にロキがあってもスクリームの効果が発生する(WP超えスクリーム)。
    • 即座にWP外に逃げることを繰り返せば、敵の攻撃を耐え続けることなくスクリームを使用することが出来る。
  • 余裕があれば大魔法の火力密度などをIRC発言などで連絡し、Agi前衛や後衛が入って来れそうなら、そのことを連絡する。


Vitバード

  • 突入担当バードは、安全な地帯からジョークを連打。敵アンフロなしを凍らせるのは当然として、敵にアンフロ鎧を強制させる意味が重要。
  • 復帰阻止担当のバードは、復帰阻止組のウィザードと共に行動し、ブラギを常に展開して火力を上げる。


Vitモンク

  • 金剛や残影で敵陣に潜り込み、ダンサー・バードを阿修羅で瞬殺できれば言うことなしだが、なかなか難しい。
  • 可能であれば崖上ウィザードに状態異常マグナムブレイクをかけるなどして攪乱。
  • ダンサー・バードが沈黙した後はセージと連携して、しぶとい敵Vit職や敵阿修羅モンクを阿修羅で落とす。


Vitプリースト

  • 敵の大魔法がある程度沈黙してから突入することになる。
  • 基本はヒールで味方を出来る限り長く保ちこたえさせることが最優先だが、敵前衛の数が少ないようなら自ら崖上に上り、状態異常マグナムブレイクなどで敵ウィザードの攪乱を試みるのも良い。
  • 前衛が速度減少をかけられることが多いので、隙を見て速度増加をかけ直してあげると良い。
  • グロリアは効果時間が短いとは言え、詠唱なしで状態異常耐性を上げることが出来る。可能な限り使用すると良い。
  • 敵阿修羅モンクにインベナムで粘着して、前衛の生存率を上げるなどするのも良い。


Vit脱衣ローグ

  • 敵の大魔法がある程度沈黙してから突入することになる。
  • 敵前衛の武器をストリップすることに専念すべし。もしロキ雷鳥がWP付近にいるようなら、最優先で武器をストリップ。
  • ルアフ・サイトが薄いようならトンネルドライブを使って敵陣に潜り込み、ブラギバードの武器をストリップして演奏を中断させる。
  • 狙われやすいため、突出しすぎないように注意。


Agi前衛(ナイト・クルセイダー・アサシン・非脱衣ローグ)・モンク・Dexプリースト

  • 第1殲滅部隊。敵の大魔法がある程度沈黙してから突入することになる。
  • スクリームには弱いが、ある程度のHPを持っているので、大魔法の薄い場所を選んで抜け出して侵入。
  • 前に出てきているVitプリースト・Vitセージ・ローグ・モンク・ハンターなどを優先的に狙って殲滅して行くこと。
  • Vit前衛が奥まで入り込めているならば、ダンサー・バードの殲滅の手伝いをする。
  • 敵を瞬殺できるモンクは、目立つ分非常に狙われやすい立場にある。阿修羅を撃った後再チャージをする際は、安全な位置まで下がってからすると良いことも。
  • グロリアは効果時間が短いとは言え、詠唱なしで状態異常耐性を上げることが出来る。可能な限り使用すると良い。


ウィザード・ハンター・スナイパー・Agiアルケミスト

  • 第2殲滅部隊。Agi前衛が大魔法地帯を突破しはじめた時点で突入することになる。
  • 突出せず、自分の身の安全を優先的に確保しつつ、献身クルセに献身をもらうなどして敵を各個撃破して行くこと。
  • アルケミストはHit補正とHFが無いので強力な攻撃に欠けがち。基本は味方にポーションピッチャーをして回復させたり、敵から狙われない位置から塩酸を投げるなどして裏方に徹するのも良い。


WP越えジークフリード

  • 「WP越えジーク」とは、クローク利用でWPを跨ってスキル:不死身のジークフリードを演奏し、ERなどで演奏されているであろうロキの叫びを無視してこの演奏の効果を得、攻める足掛かりとする戦略のことである。
    • 詳しくはダンサーバードWikiに譲るが、演奏開始から60秒間、同PTメンバーに対して(最大Lvの5で)全属性への耐性80%と全状態異常への耐性50%を付与する協奏である。
      • 先日の検証結果で、マルクcなどの状態異常耐性固定化及び耐性弱化のバグは直っていると見られる。
      • どの道、石化無効などの有用性もあるイビルドルイドc挿し鎧の装着で問題ないが、用意出来なければマルクcで構わないことになる。
  • PTメンバーは最大で12人。そのメンバーでロキの攻略を第一に行うこととなる。
    • 発動させた不死身のジークフリードを移動させたりは出来ないため、必然的にWP近くでの行動、主にロキ攻略が主軸となる。
      • 不死身のジークフリードを発動させるのに2人、出来れば2組の4人欲しいところ。
      • ダンサーバードの魂を掛けるソウルリンカーはPT外で構わないが、魂はディスペルで剥がれてしまう為、念のため2組でWP越えジークをやり、相互に「演奏発動者は自身の発動した演奏の影響を受けない」弱点を補うのが理想的と思われる。
      • まずは突入したジーク発動者を隠す為のペコ騎乗者。真っ先に突入し、重要なジーク発動者がタゲられて死ぬことを防ぐ人柱である。
      • 残りはEDPを使用したアサシンクロスとLP習得者、ASPDを増やすためのフルアドレナリンラッシュを使用するBS/WS。バーサクピッチャー出来るケミ/クリエは余裕があれば程度でPT外で構わない。
      • ブースト仕切ったアサシンクロスがSWを削り、二刀DAなどでロキの停止、あるいはそのまま献身ごと削り殺してLPを展開。以後、殲滅戦に移行する。
  • この不死身のジークフリード効果範囲内では、装備などの補正により、四大属性のうち2~3種を完全無効化、無属性・属性なし以外の攻撃ダメージを極めて低くすることが出来る。
    • 一番痛いのが無属性ADSや阿修羅と見られる。バゼラルドを持ってのADSなどは2000以下のダメージに成り下がり、問題無くなる。
      • ADS対策にニューマがあると良さそうだが、LPで消えるので作戦次第。


注意

  • ここに記したことはあくまで基本的な動作に過ぎない。
  • ゴスペルを利用した突撃が防衛を突破する鍵になっていくため、敵の防衛ラインの様子や職構成によって、突入の方法が変わってくる。
    • よって内部の偵察が重要な戦術要素となる。
  • 戦力を分散させずに突入しなければ効果が薄いので、突撃を行うPTの人はWP集合地点に速やかに集合し、準備を可能な限り早く行うことが重要
  • 復帰阻止組は、敵防衛ラインのキーユニットであるダンサー・バード・ウィザード・阿修羅を見逃さないように、確実に倒すこと。少々の前衛は抜けても問題ない。