記憶の断片/ウィルソン先生


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

記憶の断片【ウィルソン先生】


1章

「消え去りたいという願望」

すっかり小さくなってるな。
丸まってしまって、巣穴に隠れた雌ギツネのごとく、殆どそこにいる気配がしない。

「逃げるか戦うか」

「闘争・逃走反応」というのは、恒久的な判断を示唆しているが、
「逃走」とは、単に戦いを別の日に延期することを意味する場合が多い。
戦いどころは慎重に見極めるんだぞ、アリス。

「孤独な子供」

アリスはしばしば一人でいた。
内向的で孤独な子供だったのだろう。
お姉さんとは互いに愛情が強かったものの、遊び相手としては歳が離れすぎていた。

「子どもじみた行い」

もう何年も経つじゃないか、アリス。
子供じみたものはしまわないとダメだ。

2章

「もろい魚のウロコ」

表皮が第3層まで焼けただれ、残りの皮膚は鯉のウロコのごとく脆くなっていました。

「異なる友人」

ペットは友人であり、我々の秘密の人格を表してもいるんだ、アリス。
君の兎もそうだろう。
ダイナは信頼出来る友人だったのだろうな。
いつもそばにいたかったのだろう?

3章

「??」


4章

「??」


「食らわせてやれ!」

君の夢には食べ物がよくでてくるね、アリス。
だがケーキは中でも特別だ。
デザートは何があっても食べていたね?
紅茶もだ、ケーキと一緒に出てきたりすれば…

5章

「??」


「科学対疑似科学」

効果的な治療とインチキ療法を隔てる溝は、専門家が主張するよりも狭いものだ。
知識と無知との距離も同様だ。

「??」

  • 考察など


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。