記憶の断片/プリス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

記憶の断片【プリス】


1章

「自然発火」

あの気の毒なミスター・クックっておぼえてる?
死んじゃったでしょ?
ウィルソン先生は自然発火を否定してるけど、ディケンズさんは信用できる人よ。

??



2章

「??」



3章

「水ぶくれた肌への哀歌」

火で焼かれたり、蒸気で煮えてしまった皮膚はしわしわに見えるものよ。
まるで冬場の毒キノコみたいに

「医学的見地」

他とは違う臭いってあるのよね。
人間の皮膚が焼ける匂いをラムチョップの匂いと間違えるなんてありえない

4章

「??」



5章

「??」



「実用の心」

どんな仕事にもふさわしい道具がある。
素朴なじょうごにも、ジンをたるからビンに移すという特別な役割があるでしょ?

  • 考察など


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。