記憶の断片/リデル家


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

記憶の断片【リデル家】


1章

種の相互関係
 あなたにはカエルの血が混ざっているのね、アリス。飛び回るのが得意だもの!

親心の鼓動
 アリス、そのテーブルから今度飛んだら、私は死んでしまうわ。あなたの無鉄砲ぶりは普通のこの倍はあるわね。

臭いがもちうる殺傷力
 ベニテングダケは臭い毒キノコだな、アリス。スポンジのような食感だが、毒がある!

??

下劣さの一歩手前
 リジー、蒸気に吹き上げられてドレスが首の周りまで上がっちゃったことがあったわね。ハロッズのすぐ外だった。
 幸い、下着を洗濯したばかりだったけどね…

鍵の見つからない心
 私の心はいつでも開いているわ、アリス。閉じたり施錠したりしない。だから鍵もいらないの…

??

??

ブライトン行き
 アリス、ロウソクや油代が浮いた分でブライトンに遊びに行こう。

闇をののしる
 忘れるなよ、アリス。夜中に書斎にいる時は、暗闇や寒さを呪ってはいけない。

眠る鳥をどうする
 鳥かごに布をかぶせるとカナリアは眠るのよ、アリス。まるで吹き消されたロウソクのように。
 お父さんやお母さんと同じように、「ちゃんと」眠るの。夜10時をすぎればぐっすりよ。

死に至る臭い
 お父さん、お写真が好きなのはわかるけど、書斎に腐った果物の臭いが漂ってるわ。あの液体、きっと毒なんでしょ!

タッパーの悲劇
 「これほどひどい本は初めてだが、いいことが書かれている可能性はある」と言った人は、
 マーチン・ファーカー・タッハーの「ことわざの哲学」を読んでいなかったのでしょうね。

2章

??

家庭の掃除
 お芝居や喜劇の大半は子供には不向きなものよ。パンチとジュディーの人形劇は下品な痴話げんかに過ぎないし…

??

3章

天に煙をなびかせて
 たばこを吸ってみたわ、アリス。全然楽しくなかった。いつか焼き物のパイプで吸ってみたいわ。

??

??

??

??

必死の懇願
 ・火事だ、アリス、火事だ!
 ・逃げろ!リジー、起きろ!リジー、ドアを開けろ!(男みたいな訳ですが、一応女性の声です。母親?)
 ・リジー、鍵だ。カギを開けるんだ。燃えてしまうぞ! 

芸術のために苦しむ
 残念ながら、しっかりと像を捉えるには、その動物はシナないといけない。芸術に描かれる対象は苦しむことが多いんだ…

4章

??

??

??

??

助けを呼ぶ声
 助けてアリス!救ってよアリス!置き去りにしないでアリス!見捨てないでアリス!一緒にいてよ!

女性用お手洗い
 そのロクデナシがウォータールー駅で婦人用お手洗いの中までついてきたときは、係員を呼ぶしかなかったわ

ウナギのごとく
 彼ったら、ぬめっとした手をしてたのよ、アリス。まるでアイシス川のウナギみたい。
 名前も変なのよね、バンビーだって!彼、ベッドの横でのマナーを改善すべきね。

5章

??

ごますり一団
 大勢の学部生たちがお父さんの言葉を発するのを待ってる。
 「紅茶を温めましょうか、先生」とか「お淹れしましょうか、先生」とか。みんなゴマすりよ。

泣いている暇はない
 おじい様なら、涙を流さないでほしいと言うだろう。
 長い人生をまっとうできたし、詩吟の言葉を借りれば、時間に蝕まれて傷んだ時計のように、人生のつかれた車輪がようやく止まったのだから。

??

「タイトル」

セリフ内容
  • 考察など


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。