※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

町の上に高く柱がそびえ、その上に幸福の王子の像が立っていました。

 

王子の像は全体を薄い純金で覆われ、目は二つの輝くサファイアで、王子の剣のつかには大きな赤いルビーが光っていました。

王子は皆の自慢でした。

「どうしてあの幸福の王子みたいにちゃんとできないの」

月が欲しいと泣いている幼い男の子に、賢明なお母さんが聞きました。

 

 

「幸福の王子は決して何かを欲しがって泣いたりしないのよ」

 

                       by  Oscar  Wilde    -The Happy Prince-

 

 

 

「人間って何でできているの?」

 

 

 

君はそう私に聞いたことがあったよね。

 

 

 

私は難しい医学書から目をそらさずに、

 

 

「水35ℓ、炭素20kg、アンモニア4ℓ、石灰1.5kg・・・・・・」「いやそういうのじゃなくてさ」

 

 

 

 

 

君は苦笑しながらそういうのじゃなくてさ、ともう一回言った。

 

 

「人間なんて所詮、肉の塊だろ?だから誰が誰だか本当は判別つかないはずなんだよ。ということはさ」

 

 

 

そういって君は自分の胸をとんとんと叩いて、

 

 

 

 

「此処の構造の違いでみんな判別してんじゃないかって思ってさ」

 

そういって君はにやりと笑った。

 

 

私は君のその笑い方が好きだった。

 

 

 

何にもしばられず、とらわれず、寧ろ囚われて足掻いている人々を嘲るような笑い方が。

 

 

 

 

「魂で判別するって事?じゃあ身体は要らないってわけ?」

 

 

それでも私は反論する。君がどう切り返してくるかが見たいから。

 

 

 

「そうだよ。身体は結局重荷にしかならないってこと。実際そうだろ。でもさ」

 

 

 

君は突然私に抱きついてきた。

 

 

 

 

 

「・・・なに」

 

 

 

「魂だけだと美樹がどこにいるかわからないだろ?だからこうやって、」

 

 

ぎゅっと私をまた抱きしめる。

 

 

 

「こうやって触れ合ったときの感覚とか、伝わってくる暖かさとかで、あぁこの人は此処にいるんだなあって人間は安心するわけ。ほら人間って疑り深いからさ」

 

 

 

 

「ねぇ」

 

「ん?」

 

 

 

「私はそうやって屁理屈ばっかり言う君は嫌いだけど、」

 

 

 

「ひどいなぁ」

 

 

 

「このいま感じている暖かさは好きだ」

 

 

 

 

「そっか」

 

 

 

君はくすっと笑った。

 

 

 

 

 

お互い誰にも与えられた事のない暖かさを、傷だらけの私たちは不器用に貪りあった。

 

 

 

 

 

それは、まるではげたかのようで、でもどこか幸せに満ちていて。

 

 

 

 

ここは隔絶した孤児院の中

 

 

 

確かに私たちは幸せだった。

 

 

 

 

 

 to be continued...