pyspades

概要

pyspadesサーバーはAoSのゲームサーバーとして機能する。ゲーム付属のサーバー(server.exe)と違い、スクリプトによって様々な追加機能を提供する。

主な機能は
  • マップの自動ローテーション
  • TDMモードの追加
  • squad(分隊を組んだ味方の近くにリスポン)の追加
  • airstrike(6キルストリークで空爆)の追加
など

クイックスタート

  • 手順1
Windowsの場合
pyspadesのサイトから「pyspades feature server」と
buildandshoot.com適用セットをダウンロードし、任意の場所に解凍する。
↑非推奨
↓推奨
またはpyspades_for_vipをダウンロードし、Ace of Spadesフォルダに解凍する。
こちらの場合手順2は省略。同封の鯖建てガイドを参照されたし。

  • 手順2
buildandshoot.com適用セットの中のファイルをpyspades feature serverに上書き保存する
※フォルダのパスに日本語などの2バイト文字が含まれないように注意。エラーが出る可能性があります

  • 手順3
distフォルダ内のconfig.txtを開き、"passwords" : {"admin" : ["replaceme"], の部分のreplacemeを適当なパスワードに変更する。
これがadminパスになる。

  • 手順4
configを保存したらrun.exeを起動。
黒い画面で数行文字が出て来たら成功(エラーメッセージなどが出ていなければ)。
数行目にあるServer identifier is aos://~~:32887というのがサーバーのURLになる。

この状態だと、自分だけがサーバーに入れる状態となっている。
自分で立てたサーバーに入るときは aos://16777343 を入力する。
一人で建築やテストプレイをするならばこの状態で十分である。

他人を自分のサーバーに招く場合は下の手順5に進む。

  • 手順5
解放くんなどでポート(デフォルトではUDP:32887)を開放する。
config.txtのmasterがtrueになっていれば、公式サイトのサーバーリストに自分のサーバーが記載され、世界中のプレイヤーがサーバーに入ることが可能となる。
masterがfalseであるときは公式サーバーリストには載らないため、限定的なコミュニティーでURLを公開すれば、URLを知る人のみがサーバーに入れるようになる。


複数のサーバーを建てる


  • 手順1
クイックスタートの手順1~4が正常に行える

  • 手順2
追加したいサーバーの数だけ好きなポート(UDP)を開放する

  • 手順3
ここのpyspadesを建てたいサーバーの数だけ解凍
(フォルダ名に(ポート番号)_server1などわかりやすくすることをおすすめします)
※2byte文字と半角カナは使わないで下さい。エラー吐きます

  • 手順4
config.txtを開き"port" : 32887,に開放したポートを入力して上書き保存

  • 手順5
起動して正常にプレイできれば完了
また、自分のサーバーに入る場合はaos://16777343:(開放したポート)で入れる
※複数サーバーを建てた状態でaos://16777343だけで入ろうとすると入れない、
もしくはブルースクリーンがでる場合があります