その3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

私は渉外係で純一般融資等の推進を行っております。
今回の研修を通じて財務諸表の見方や分析手法を学び、推進活動及び融資判断に活かします。
様々な融資案件事例についてディスカッションをし、融資判断のスキルアップを図ります。

財務諸表から、安全性、収益性、成長性、キャッシュフローを分析して、その会社が直面している課題について考えた。その上で同社に対しての融資の可否や条件等をディスカッションを通じてまとめた。
粉飾を疑うケースとその粉飾手法について学んだ。

研修を通じて、キャッシュフローの重要性を改めて認識した。融資判断の際は、キャッシュの流れに細心の注意が必要であると痛感し、今後は今まで以上にきっちり確認致します。
事例で取り扱ったような法人・事業所から今後融資申込があったとき、適切な融資判断ができるように致します。

実際の融資判断に直結した研修で、すぐに活用できると感じました。また、ディスカッションでは普段伺うことができない僚店の先輩方の意見を伺うことができ、大変勉強になりました。
このような素晴らしい研修を企画していただき、ありがとうございます。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。