※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

601_hiy鯖への接続方法?

  • この説明はWindowsユーザー向けに作成しております。
    他OSの方々は、他に手順が必要だったり、そもそもいらない手順があるかもしれません。
    お察しください。
  • また、MODの導入及び使用は自己責任でお願いします。
    MOD導入による弊害や損害などについて、
    私は一切責任を負いません。

面倒がキライな人のために
1.IC2、BC2(BCの公式拡張は全部)の最新版を、それぞれの公式wikiからDL。
  他に拡張MODが「鯖に入ってるって書いてあるなら」、それも入手しておく。
  なぁに、大抵は日本語wikiか、このwikiで集まるさ。
2.それぞれ、ModLoader ModLoaderMP MinecraftForgeが必須(2011/10/26現在)なので
  それぞれのwikiの導入手順が書いてあるとこを探して、確認する。
3.手始めに、日本語MODを入れる。
4.前提MODを入れる。
5.いったん起動して、ワールド作る。
  ついでに日本語入力の方法とか確かめるとベター
6.1で入手したやつを、modsフォルダに投げ込む
7.もっかい起動。
8.buildcraft/buildcraft.cfgの設定が、エンジンを使用する設定になっているか確認。
  設定値は日本語wikiの目立つとこに晒されてるから、探し出してね。
9.鯖につなぐ。
こまけぇ拡張MODやらバージョンやらの話は、更新通知ページに書く予定です。

以上


■WARNING■
ここから先は、MOD導入どころか
PCのファイルを色々いじったりしたことが無いような
超初心者向けの説明となっております。
なので「私が知っている限りの、基本的にオイシイ情報が垂れ流し」になっております。
読み終わる頃には、MOD導入の基礎知識が把握できると思います。
長文でも読むから、はよ遊ばせておくれ!という方は

ゆっくりしていってね!
■WARNING■



0.超基本設定編

作業しやすくするために、Windowsの設定をひとつだけいじります。
スタート → コントロールパネル
を、開いてください。
右上に「表示方法」の項目がある場合は
「大きいアイコン」に変更してください。
フォルダオプション または フォルダーオプション
を、開いてください。
表示 のタブ
を選んで
登録されている拡張子は表示しない
の■チェックを消してから■OKボタンを押しましょう。

これでめでたく
minecraft.jar
minecraft.zip
の見分けとかがつくようになりました。

ただし、拡張子を変更可能になったので、
ファイルの名前を変える時に注意が必要になりました。
一応、Windowsから確認の警告も出ますし、
CTRL+Z での復元も効きますので、
日本語を読む気がある人は大丈夫です。

この設定を忘れると、
ファイルをいじりまくるMOD導入とかの
細かな作業に影響が出ることがあります。
面倒でも、今後のために 今 やっておきましょう。


1.バックアップを取る

「マイコンピュータ」でも開いて、アドレスバーに
%appdata%
と入力してエンター。
.minecraft
というフォルダを探し出しましょう
(名前順ソートだと一番上か一番下)
そして、ZIPだろうとコピペだろうとかまわないので、
任意の方法でバックアップ(データ複製を伴う保存)をしてください。


2.MODを入れる準備

%appdata%.minecraft/bin
を開いてください。
minecraft.jar
があったら、それを

何も考えず、まずはコピー&ペーストで、もう一度バックアップを取っておきましょう。
次に、
minecraft.jar
を、お好みの■JARを扱える圧縮解凍ソフトで■
■新しく作ったフォルダに■解凍しましょう。
7-ZIPやWINRARに癒着する気はありませんし、
個人的に気に入ってるALZIPの押し売りもしません。
悩んだらVECTORさんや統合アーカイバプロジェクトさんで、
自分に合いそうなソフトを探しましょう。

ただ、「ファイル名と同じ名前のフォルダを作成し、その中に解凍する」
っていう機能があれば、ベターです。
「別途dllが必要」って書いてあったら、「caldix」でググればおk。
神ツールが目の前に現れるだろう。

なんでわざわざ解凍するかって?
二重に圧縮しちゃったり、
むしろ気付かないうちに解凍してたりっていう
初歩的ミスを絶滅させるためです。
万人向けかつミスを減らす手順の作成って、難しいのよ?

ここで■重要ポイント■
解凍したファイルの中に
META-INF
というフォルダが入っているはずです。
消しましょう。
ついでに、
minecraft.jar
も消しておきましょう。


3.埋め込み型MODの導入(例:日本語MOD)

まずは、日本語MODを探してきましょう。
マイクラのバージョンとMODのバージョンは、合っていますか?
日本語MODを解凍して、中身を 手順2で作ったフォルダの中に、
上書きコピーしてください。

そして、手順2で作ったフォルダをJAR(またはZIP)圧縮し、
minecraft.jar
に名前を変更しましょう。

※もとからあるやん!というツッコミは
 あなたが読み飛ばしただけという墓穴フラグです、落ち着きましょう。

4.MODの導入確認(例:日本語MOD)

日本語MODのページに、基本操作が書いてあります。
CreativeModeでワールドを作成し、
看板に ローマ字 ひらがな カタカナ を書き分けてみましょう。
ここでエラーが出たり、日本語入力が出来ない場合は 何かが間違っています。
落ち着いて見直しましょう。

※MODの導入は、基本的に「1こ入れては動作確認」が一番確実です。
 面倒だからといって飛ばすと、どこが間違っていたか分からなくなり、
 引退してしまう場合もあるでしょう。
 あきらめんなy(修三AAry


5.埋め込み型MODの導入(例:ModLoader、ModLoaderMP、MinecraftForge)

ぶっちゃけ手順4の繰り返しになっちゃいます。
手順2で作っておいた「解凍済みファイル」の中に
またファイルを上書きコピーして、
また minecraft.jar を作って、
起動してみる実験です。
まれに、ここでエラーが出る場合があります。
MODをダウンロードする時は、確実にバージョンの確認をしましょう。

起動しましたか? ここで手を抜くと、次に進めません。
なぜなら「mods」フォルダが作成されないからです。
次の手順のために、ここでも一回起動させて、
シングルのワールドに入って、すぐ終了しちゃいましょう。

なお、ModLoader、ModLoaderMP、MinecraftForgeなどの補助系MODは
導入完了の確認方法が、「正しく起動すること」くらいしかありません。
心配なら、batファイルから起動(3行目にpauseあり)を試して、
コマンドプロンプト(黒地に白文字のやつ)でエラーが出てないか、サラっと見ましょう。
ログの流れが速すぎて分からない場合は、エラーログのファイルが
Minecraft.exe
と同じフォルダに作成されているはずです。日付からアタリをつけて、
メモ帳などで開いて見てみましょう。


6.modsフォルダへ投入型MODの導入(例:IndustrialCraft2、BuildCraft2など)

基本的に、ModLoaderが勝手に作った
%appdata%.minecraft/mods
フォルダに、ZIPやらJARやらTARやら、落としてきたものをぶっこむだけでOKです。

ただし、まれに特殊な手順のものがあります。

例:TooManyItemsの場合
1.落としてきたZIPをmodsフォルダに入れる
2.ZIPの中に入っている「なんたら.class」を、minecraft.jarの中に入れる

例:PortalGunMODの場合
1.落としてきたZIPを解凍する
2.フォルダに書いてある「この中身を○○フォルダに突っ込む」の指示に従い、ファイルを各所に入れる。
3.落としてきたZIPをmodsフォルダに入れる

おわかりいただけただろうか?

モノによっては、全く同じファイルを複数の場所に置いてあげないと
起動すらしなかったり
アイテム持ったらワールド壊れたり
むしろマイクラがフリーズしたり
いろんな問題が出てきます。

なお、BATファイルから起動している場合は、マイクラがフリーズしても
コマンドプロンプトを終了させることで、強制終了が可能になる場合があります。
また、最後の最後にエラーが出ていた時、すぐ見てわかるので
MODありなしに関わらず、BATファイルからの起動を個人的にオススメします。

それぞれのMODの入れ方を、把握しておきましょう。
それが面倒なら、面倒が起こる前に手を引くべきです。

いいですか、警告はしました。
面倒なので、これ以上の警告はしません。
いいか、オレは面倒がキライなんだ。

Enjoy your Minecraft life!