ポールウエダとは?


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2011年、突如として音楽活動を再開したアマチュア・シンガーソングライター。
芸名の由来は知人の聞き間違い(ポールウエラー⇒ポールウエダって誰?)から。
30代後半という年齢になり、「オレの人生こんなんでいいのかよ!?」という思いから10年ぶりにフォークギターを手にして、オリジナル曲を作り始める。「とにかく100曲作ってその先はまたその時に考えよう」というポールウエダ~ムーブメントを進行中。

プロフィール … 鳥取県出身 A型 魚座

鳥取県西部の大山(だいせん)のふもと、海まで自転車で5分という環境で育ったためか、音楽的にも「スケール感のある土の香りがするようなもの」を好む。さらに、「山陰」という地名からか「陰りのあるメロディー」も好物。地元でとれる二十世紀なし、松葉ガニ、のどぐろ(煮魚で)などもおすすめ。二十歳で初めて納豆を食べ好きになる。

活動歴や音楽的影響? …

保育園の卒園式の際、壇上から母親に向け『投げキッス』、ここからステージ活動が始まった。

小学校2年のとき当時のお気に入り『雨の慕情/八代亜紀』を教室で披露する。しかしながら歌詞がうろ覚えで恥をかく、この頃からステージにおけるアクシデントに対するアドリブ対処法を意識し始める。

小学校~高校時代、特に音楽に興味があったわけではなく小学校1年生でピアノを教わるもあっという間にギブアップ。そんな中でも『帰ってきたウルトラマン(特に車、マツダコスモスポーツ)』 『サイボーグ009の004(哀愁を感じる)』 『ジャッキー・チェンやブルース・リー映画の音楽(他洋画劇場系全般)』 『祖母と見たプロレス(入場曲が洋楽ロックの入り口)』 『海底少年マリン主題歌』 『CMに使われる洋楽(スティービーワンダーやジェネシス、レイチャールズ、サッチモなどがお気に入りのかなりおっさんくさい子供)』 『映画?テレビドラマ?(桃尻娘)の予告CMで聴いたミスター・ムーンライト』などに衝撃を受ける。中学高校時代は80年代ハリウッド映画系『バックトゥーザフューチャー』『レイダース』『ビバリーヒルズコップ』『ラ・バンバ』『カクテル』…などなどが好きにる。

地元を離れ愛知県の大学へ入り、ここで初めてバンド活動をする。
楽器が出来ず志願してVo、バンドで初めて歌ったのは『電撃バップ/ラモーンズ(のアウトレイジのカバーバージョン)』。この新入生バンドでサークルの新人賞を頂き「俺は意外といけるんやないやろかっ!?」と勘違い、ロン毛になる。その後先輩と組んだオリジナルのLA系R&Rバンド『SIXX(しっくす、49’S)』、同級生と組んだ洋詞で歌うオリジナルNWBH系メタルバンド『WPP(うおーたーぽんぷぷらいやー=うおぽん)』などでライブ活動。

大学卒業後単身上京、初ステージは吉祥寺井の頭公園の野外ステージでの弾き語り。同じ頃、杉並区高円寺駅北口ロータリーでストリートライブ中の集団に声をかけ知り合い、バンド『JellyRoll(じぇりーろーる。オリジナルブルーズロック系)』として都内のライブハウスや六本木アイリッシュパブなどで活動(外国のひとに萎縮しなくなる)。バンド脱退後、都内ライブハウスや路上などを経て、2001年夏バックパッカーとして単身渡米してバスで大陸横断、思いつきで数ヶ月放浪しながら各町のコーヒーショップや路上、地下鉄構内などでプレイ&セッション&観光。同年冬、渡英。寒いしあまり活動せず。

帰国後10年間冬眠…2011年、復活!
まもなく二度目の成人式をむかえる予定。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|