深陽学園


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 宮下藤花霧間凪など、主要人物の多くが通っている学校である。
  • 山の中に建っており、防犯システムの充実が売りで、生徒は登下校時にIDカードを使ってゲートを通らなければならない。
  • ゲート通過は風紀委員会が誘導をしている。また通過時のデータは全て保存されており、霧間凪はそれを見ることで学園内の異常を探している。
  • 進学校でほとんどの生徒が大学へと進学する。
  • マンティコアイマジネーターの影響で事件や行方不明者が多い。
  • ただそれだけではなく、ブギーポップ炎の魔女統和機構が重なり合う場所でもあるせいか、何かとMPLSなどの事件との繋がりが多い。
  • 屋上は昔女子生徒(水乃星透子)が飛び降り自殺したため、立ち入り禁止となっている。
  • 作者の頭の中では、名前の読み決まっておらず「しんようがくえん」でも「ふかひがくえん」でも何でも良いようだ。(電撃hp6号 ブギーポップ・ワールドより)
  • モデルの学校は存在せず、上遠野浩平が昔良く見た夢に出てくる学校らしい。(ブギーポップは笑わない あとがきより)
  • 作品が進むにつれて、合成人間MPLSの巣窟になりつつある混沌としか言いようの無い学校。
  • 学年ごとに上履きの色が分かれる。緑と黄色と青の三色。
コメント:

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。