クレイム・クラブ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • Claim club。六嶺平蔵が創設した団体。
  • 活動は名前の通り「要求・請求」することだが、その相手は統和機構に限る。
  • 統和機構が絡んでそうな出来事、事件を観察し、その情報を会員同士で交換する。その情報の使い方は人それぞれで、文字通りそれをネタに要求するもの、株などに利用するもの、組織自体への戦いの手段とするものなどがいる。
  • 一見すると組織を利用し、利益を得ようとする団体に見えるが、私怨による別の理由を持っている者も多い。
  • 会員は年齢も職業もバラバラで、分かっているメンバーに相川靖子須磨貞夫村松六嶺平蔵がいる。ただ女性は相川のみである。
  • リーダーは特に存在しないが、創設者の六嶺平蔵が実質上のリーダーである。
  • ちなみに目的はそれぞれ、相川=統和機構からの指示で六嶺及び、クラブの監視。須磨=小遣い稼ぎと、父の人生を狂わせた組織の正体探るため。村松=六嶺に従うこと自体が目的。
  • このクラブの真の目的は、六嶺の妻、六嶺美登里のため、ただそれのみであった。
  • 六嶺平蔵は妻がMPLS能力ゆえに統和機構に始末されることを恐れた。だから、組織を監視しつつも、その組織の敵が現れたときに妻の力でそれを倒し、その功績で組織に取り入るため。全ては妻を守るための創設であった。
  • 六嶺美登里の能力は病気の進行を止めることが出来た。その力を使い助けられた人たちが組織の主なメンバーとなる(須磨のように当人は知らない例もある)。
  • 作中で書かれてはいないが、ワン・ホット・ミニットの戦いの後、六嶺夫妻のいなくなったクラブは実質解体したのだろう。
コメント:

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。