銀幌駆け


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 読みは[ぎんほろかけ]あるいは[ぎんほろがけ]
  • 禁涙境月光祭での行事の一つ。
  • 銀の幌を被った男達が、街の外縁部から中央のステージまでを競走する。
  • その順位は賭け事の対象にもなっており、優勝者はちょっとした英雄扱いを受ける。
  • 幌には月光を反射して煌めく染め糸が編みこんでいる。
  • レース中は多少の妨害行為は"愛嬌"の一言で済まされ、それほど卑怯な行為ではない。
  • 第13回月光祭での銀幌駆けの優勝者は、古物商のアノーであった(と言うか他の参加者はみんな避難してしまっていた)。
コメント:

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。