一時メモ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 死神を待ちながら
主人公:瀬川風見(スワロゥバード)
野々村春人
宮下藤花
スクイーズ

瀬川は監督との縁で、とある映画の助演として撮影に来ていた。
合成人間でありながら、MPLS能力に目覚めた瀬川は、
相手の男を殺す役を演じながらも、自分が始末されることについて考える。
そんな彼女の元に現れたのは、統和機構からの刺客(死神)ではなく
本当の死神だった・・・。

ブギーが「世界の敵とは」「世界の中での人間の役目」について語るシーンがある。

コンビニの更衣室を借りての、ブギーの貴重な着替えシーンがある。
店員「そういうのは衣装係が作るんですか?」
ブギー「自前だ」

殺して欲しいと思って待つことは、ブギー曰く
世界のことを放棄して、後に任せるような行為らしい。
そして、ブギーはそういう考えが嫌いらしい。

ヴェントリロクィストは吸収の能力者。
組織からはただの戦闘能力が高いだけと思われており、
その力のことを知ってるのは本人だけ。
観察対象でしかない合成人間やMPLSも独断で殺してきた。
何故組織に知られていない?
  • 組織が植えつけた能力とは別能力だったから(突然変異合成人間)
  • MPLSに目覚めた合成人間だったから



この時ブギーは瀬川に対して出現したのではなく、
世界の敵はヴェントリロクィストだった。
ブギーはそれをおびき出すために瀬川に協力を求める。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。