夢急海鳴鋼索線


海鳴鋼索線(うみなりこうさくせん)は、海鳴温泉口(うみなりおんせんぐち)~海鳴山上(うみなりさんじょう)間を営業する夢急電鉄(夢急)の架空の鋼索鉄道線である。


基本データ

  • 路線距離(営業キロ):1.0km
  • 方式:単線2両交走式
  • 軌間:1067mm
  • 複線区間:なし(全線単線)
  • 高低差:220m
  • 所要時間:7分

全線海鳴営業局の管轄になっている。


歴史

  • 1930年4月1日 海鳴高速軌道が海鳴鋼索鉄道(海鳴高速軌道100%出資の子会社)を設立。
  • 1932年4月1日 海鳴鋼索鉄道線が全通。
  • 1940年5月6日 国内情勢のために運転休止。
  • 1944年10月1日 海鳴高速軌道に海鳴鋼索鉄道が吸収合併され、夢急電鉄になる。夢急海鳴鋼索線として継承。
  • 1948年3月24日 運転再開。
  • 2001年7月 新造車製造。

車両

現在の車両

コ708形(2代)

2001年に登場した新造車両。コ708形を名乗る編成はこれで2代目である。
車番は708と709で、708の愛称は「すばる」、709の愛称は「ぎんが」である。

過去の車両

コ708形(初代)

1932年の開業当初に製造した車両。
車番は708と709で、708の愛称は「はる」、709の愛称は「あき」であった。
1972年に惜しまれつつ引退。夢急は「はる」「あき」両方とも公式に保存している。

コ700形

1972年に登場した車両。車番は700と701で、愛称はコ708形(初代)と同じく「はる」「あき」であった。
2001年に2代目コ708形に置き換えられ、引退。現在は海鳴山上駅で展示されている。

駅紹介

海鳴温泉口駅

海鳴駅からはバス連絡。
付近には温泉が多数ある。

海鳴山上駅

近くに民放や国営テレビの送信所がある。

運転状況

  • 平日:40分1本
  • 休日:20分1本
元日や繁盛期には10分1本の頻発運転を行う事がある。