武道・武芸板


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

武道・武芸板

  • 同級生の剣道部員
  • 愛情表現がストレートだが、常に冷静沈着で感情的には見えない。
  • 自分で考えて行動する。基本的には人に頼らない。
  • 表情が薄い、あるいは無表情に見える。
  • 「ああ、俺は君のことが好きだからな」
  • 素直クール


  • 女向けの上級生、空手部部長。
  • 時代劇板とは同じクラスで硬派同士気が合う親友。
  • 女性とは普通に会話出来るが色恋沙汰には滅法弱い。
  • 生まれつき色素の関係で髪と目の色が明るい茶なのを気にしていたが、時代劇板に『自分らしくあれ』と言われ個性として前向きに考える事にした等、少々精神面が弱い点がある。
  • 時代劇板との出会いイベントを発生させると自動的に出現。


─教室にて
時代劇「はぁ…」
武道「どうした?時代劇」
時代劇「いや、俺はどうしてこう女と普通に接せないのかと‥」
武道「‥いっつも言ってるよな、それ」
時代劇「そうだったか?はぁ‥頑張って目を見て話そうとは思っているんだ、失礼に当たるからな」
武道「でもダメ、なんだろ?お前すぐに顔真っ赤になるしなー。茹でダコみたいで見てるこっちは面白いけどw」
時代劇「面白がるな!全く、俺は至極真面目だというのに」
武道「あ。部にさ、確か新しく部員入ったんだって?」
時代劇「いきなり話を変えるな‥。ああ、一人入ったぞ」
武道「女子?ちゃんと目見て話した?」
時代劇「…………」
武道「‥やっぱり。その子どんな顔してた?」
時代劇「俺の思い過ごしかもしれないが‥少し沈んでいた様な気がする(勘違い)」
武道「げ、それはヤバいぞ時代劇……よし、今から謝りに行くか!」
時代劇「は?何故謝りに行くのだ」
武道「お前のせいで落ち込ませちゃったんだろ?なら謝りに行くのが当然だろ!」
時代劇「し、しかし‥」
武道「何としてでも目を見て事情を話す!んで、その子のクラスは?」
時代劇「確か2のAだった気が…」
武道「よし、早速行くぞ!」
時代劇「おい、引っ張るな武道!自分で歩ける!!」

みたいな流れで女向けのクラスに。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。