シベリア超速報板


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シベリア超速報板

  • 金髪碧眼
  • シベリア→ツンドラ 金髪碧眼ツンツンツンツンツンツンデレ

  • ツンデレなシベリアもいいけど、自分のイメージはだれにでも平等で優しくまったりしてる感じ
  • VIP(ニュース速報(VIP)板)によく話しかけられてる
  • 恋愛対象にしてもらうまでには、根気よく話かけて自分のことを知ってもらうこと
  • 暖かい飲み物をよくくれるw金髪碧眼には同意

  • ヒロイン(女向ゲーム一般板) よりも年下?年上?同級生?寒い国からやってきた転校生?ロシアのハーフ?



  • モスクワ出身の純血なロシア人。
  • 金髪(腰辺りまである長髪)碧目。サングラスと毛皮のコートを常に着用している。
  • 彼の側にはSPが必ず最低二人は付いている。
  • 取り引き時に便利だからと、彼に話せない言語は無い。日本語もペラペラ。
  • 若くして会社を興し、20代半ばながらロシアを中心に世界中に支社が有る。
  • 日本に新しく支社を作る為、乙女ゲー一般が住んでいる街に現れる。

  • 学校帰りに寄り道をすると出会える。

  • EDは金ですべてが買えると思っていたシベリアに、「お前の心だけは買えないと気付いてしまった」と云々告白されて終。



乙女「(‥ん?何かあっちが騒がしいなあ)」
シベリア「この店のクレープをすべて買うと言っているのだ、何の文句が有る?」
店主「へぇ‥そ、その、お客さんに全部買われちまうと後ろに並んでくれてる子供たちが買えなくなっちまうんですよ‥だから‥」
SP1「ワカ、ドウスルノデスカ?」
SP2「コンナトコロデ売ッテイルクレープナンテ、オイシクナイデスヨ」
シベリア「‥ならば私が買ったものをこの子供たちにあげれば良かろう」
子供1「ありがとう金髪のにーちゃん!」
子供2「おにーちゃん優しい!」
シベリア「おい」
乙女「(あの人、一見怖そうだけど優しいんだな‥にしてもクレープ大人買いって…)」

シベリア「そこの娘」

乙女「え?わ、私ですか?」
シベリア「そうだ、お前だ。お前もクレープが欲しいのだろう?」

乙女「ち、違います!私はただ通り掛かっただけで‥!」
シベリア「遠慮されても良い気分はしない、受け取れ」
乙女「は、はあ‥どうも…」
SP1「ワカ、ソロソロオ時間デス」
シベリア「分かった、残りのクレープは後で取りに来させる。ではな、娘たち」
乙女「あ、ありがとう御座いました‥(何だか凄い人だったなあ…)」




【2007.08.24 CNNニュースより】

モスクワ――ロシア紙コムソモリスカヤ・プラウダは24日、モスクワ近くで催された航空ショー
の現場で、同国の富豪が展示されていた米国の戦略爆撃機B─52型機の購入を申し出たと報じた。

この富豪はサングラスを着用、ボディーガードに守られて同ショーに登場、米国の参加者に
近付き、「買いたい」と話し掛けたという。

この打診に米参加者は驚いたが、「売り物ではない」と断りながら、もし売却出来るとすれば
少なくとも5億ドル(約580億円)は必要と説明したという。これに対し富豪は「金は問題ではない。
かっこいいマシンではないか」と応じたという。

同紙の記者がこの会話を洩れ聞いたとしている。同機は結局売られなかった。

富豪の正体は不明。ロシアでは旧ソ連崩壊後、エネルギー資源開発などで巨利を得た金持ちが
輩出し、サッカーのイングランド・プレミアリーグのクラブを買収するなどし話題を集めている。


  • こんなシベリアさんもいいなとちょっと思ったりw
  • ボンボンなシベリア(*´Д`*)



仲良くなったらシベリア観光に連れてってくれる

最果ての地へようこそ!

シベリア住民は女向けゲを暖かく迎えてくれる

楽しんでいるとブリザード発生

ここなら安全だからここにいろよ
俺、行ってくるから

…というイベ想像
なんという死亡フラグ/(^O^)\


  • シベ超のペットはアザラシで



  • シベリアは年上の大人の男、安ホテルのオーナー
  • 来る者は拒まず去る者は追わず、誰にでも適度に優しいが他人に対して執着がない
  • こちらが入れ込もうとすればするりと逃げてしまう
  • 「行き場がなければ好きなだけ俺の所に居ていいさ。 でも…お前には帰る家があるってこと忘れるなよ…」
  • 他キャラへの手紙やプレゼントの配送も彼の仕事


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。