※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

校門に立つ一人の少年
前にそびえたつ大きな白を基調とした学校を見上げた

「今日から高校かー。可愛い女の子いるかなぁ~」





朝日が窓から差し込んだ明るい下駄箱
一風変わった少女が、一年のげた箱を目を細めて見つめる

「・・・・・・。」






誰もいない静かなプールに数十に重なった水の波紋
爪先立ちでやっと首が素面から覗く程のプールだ
そこで一人泳ぐ女の子

彼女は泳ぎを止め素面から顔を出した

空は何処までも広がる蒼く澄んだ色だ
朝日が少女の顔を照らして眩しそうに目を細めた

少女はポツリとつぶやいた

「・・・今日は入学、かぁ・・・・・・。」


クスリと笑った少女はまた水面へと身を沈めた






まだ誰もいない静かな廊下をしなやかな長い足でコツンコツンと
靴音を弾ませながら幾分か楽しそうに歩く保健の先生

ポケットから鍵を取り出し
それを保健室の鍵穴に差し込む

ガラリと扉を開ければ


クスリの臭い
消毒の臭い

それらは保健室独特の臭い

楽しそうに微笑むのを忘れず
椅子に腰掛ける


「楽しみだなぁ~♪フフっ、早く来ないかなぁー」






フェンスに寄りかかり
朝日が直に浴びる屋上の端で校門を見つめるのは一人の男

「・・・・・・。今年は、どんな奴が来るんだろうな」




 

戻る


-
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|