ヨドバシに吹田君もついてきたものの、老害共が幼女ゲーに熱中する姿にあきれてしまい、さっさと帰ってしまったという忌まわしい事件である。
いつのことだったかは定かではない。