※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 老害の基礎となる集団が形成されたのは2009年秋のことであり、それから、3年以上の月日が過ぎた。
昨年から衰退期に入っており、今年また各員卒業の岐路に立つ。
さて、どうする老害


◯実況
 衰退しており、実況民の現役復帰や新規獲得を迎え入れたいが、そのような目処が立っていない以上、それぞれが実況に値するとの判断で合意する作品を見つけてやってゆくしかない。
アニ関移住は、老害の実況文化が滅びた後のことだ。


◯内政
 かつては多人数で麻雀やゲームなどをしていたが、現在では限定的な範囲での活動となっている。
とはいえ、何かすることがあれば複数人での活動もありうるといえよう。一部にとどまったが、メガミエンゲイジがその例であった。
 また、ホストの協賛と実施に値する目的があれば、オフの実施は不可能ではない。
今年はWBCがあるので、それに乗じて実施することもありうる。


◯外交
 派閥ごっこで遊んでいた時期もあったが、核となる集合がなくなった以上、集団としての外交は遂行不可能な状態にあり、各自での交遊となる。
つまり、平生の通り各自で手段・目的が合致した相手と個別に行動する。
ただし、ドラフトに関していえば、2012年全体のアニメキャラドラフトなどの開催の余地が残されているが、老害のみでの開催の可能性は低く、これを機に老害を超えたドラフト部を作るというのもひとつの手であろう。


◯今後
 状況は変化している。それにあわせて、持続可能な形での関係を続けていけばよい。
それに意義を感じられなくなれば、それまでになるにすぎない。



名前:
コメント: