スネーク「なぁ、大佐」
  大佐「どうしたスネークため息などついて」
スネーク「俺はこれほど情けない任務についたのは初めてだ」
  大佐「ああ、そうだろうな。私も正直不満に思っているよ」
スネーク「何故上はこんな任務を俺たちに出したんだ・・・分けが分からん」
  大佐「私も同意見だ・・・スネークそろそろ目標がやってくる頃だ。通信を終わるぞ」
ガラガラ
 なのは「皆で温泉なんて久しぶりだねー」
フェイト「うん、どのくらいぶりだろう」
 はやて「大体半年振りくらいやなー」
スネーク「(何故俺が盗撮などしなくてはならんのだ・・・!)」
フェイト「ねぇ、あそこのダンボールへんじゃない?」
 なのは「そうだね、何が入ってるんだろ?」
 はやて「ちょっと見てみよか」
スネーク「(まずい!脱出だ!)」
フェイト「人が出てきた!?」
 はやて「覗きや!」
 なのは「逃がさないよ!スターライトブレイカー!!」
スネーク「ぐわあああああ!」
  大佐「スネーク!応答しろ!スネーク!スネーーーーーーク!!」